ポータブルソーラー発電は持ち運びができ、キャンプ等に便利です

ポータブル太陽光発電セット

ポータブル太陽光パネル

キャンプ等の野外での電源確保できる小型軽量太陽光発電セットがあれば便利ですね。

災害などで電気が止まっても安心できる太陽光発電セット。もし電気が止まっても家で発電できるので蓄電池に電気をためておけばひとまず安心です。

太陽光発電について

普通太陽光発電を設置するには100万以上の初期投資が必要です。補助金がでますが、また作った電気を売ることができますがいつまで続くかわかりません。

太陽の光を利用して発電する性質上、曇っているとあまり発電しないし夜になると全く発電しません。

万が一電力会社からの送電が止まった場合、昼で曇っていないときは何とか自家発電でしのぐことはできますが、夜、天気が悪い日は停電状態です。

電力会社からの送電が止まった場合、困ります。電気はためれないです。ソーラーパネルで作成した電気をためるには蓄電池が必要になってきます。蓄電池もかなり高価です。

太陽光パネルを設置するには屋根か、空き地が必要になってきます。物件の構造によっては取付不可能の場合があります。

賃貸の場合、取り付けるにはふつう物件の管理人が決めることになるので導入は困難でしょう。

ポータブルソーラー発電のメリット

賃貸や物件の構造上太陽光発電を設置できない。それを解決できるのがポータブルソーラー発電です。

持ち運び可能でキャンプ等で活躍します。ポータブルソーラー発電はUSB機器の電化製品なら使えます。

テレビとか冷蔵庫等はポータブルソーラー発電では使用することができません。

太陽光パネルだけでは、太陽の光が十分でないと電気が使えません。

太陽の光が少ない場合でも、使用するなら蓄電池が必要になります。

必要なのは充電コントローラーとバッテリー。バッテリーは充電コントローラーと組み合わせることができるものでなくてはなりません。

ポータブルソーラー発電のデメリット

バッテリーへの充電は直流です。USB機器の家電なら使用できますが多くの家電製品は使用不可能でしょう。

DC/ACインバーターの機器を通して交流に変換する必要があります。価格もさまざま。2万円台~20万位です。

電化製品を使用する場合太陽光パネルをはじめDC/ACインバーター、蓄電池が必要になりそれぞれの機器に適合しなければなりません。

そろえるのに、大変です。

初めからすぐ使用できるポータブル発電キットがあります。最初から全部揃っているので安心です。

ポータブルソーラー発電キットの紹介

便利なポータブル発電キットがあります。選ぶ時に機器がそろっているので迷う必要がありません。

持ち運びできるので便利です。

蓄電池に充電しておけば、外での使用で曇り、雨の日でも電気が使えるので便利です。

ポータブル太陽光発電キット 楽天市場