地震あんしんばん

日本は地震国です。最近地震が多いですね!近々おおきな地震が到来すると言われています。突如地震がきたら・・・多くの人がパニックになって冷静な判断ができずに行動する人が多いのではないでしょうか?

家、店舗、会社等にいた場合、調理中の人、寝ている人もおられることと思います。すぐテーブル等の下にもぐる人もいらっしゃるだろうし、外に逃げる人もおられると思います。

しかし、実際地震が起きて中身を見てみますと火災が多数発生している例もあります。なぜ地震によって火災が発生するのでしょうか?地震が起きた時、電化製品が落ちて壊れた。

あるいは通電している電源コードに物が落ちて、コードが圧迫、切断、よれてしまった。神戸大震災では、地震によって停電が起こりました。そして、電気が復帰したとき、地震直後では火災がなかったけれども、 通電状態になって、ストーブ、傷んだ電源コード、壊れた電化製品から出火した。また、ガスコンロ、石油ストーブなどからも出火し火災になりました。

地震が発生した時に、直ちにブレーカーを切断する。電化製品をコンセントから抜く。ガスコンロを使用の場合は火を消し、ガス栓をしめることが重要です。しかし、実際はなにもしないで、外に逃げたりするのが現状です。 分かっているのだけれど、いざという時そのように体が動かないのが実情です。

地震あんしんばん

「地震あんしんばん」は、設定以上の揺れを感じた時に、自動で電気を遮断するので電気火災予防につながります。その結果大切な財産などが失われずに済むことができます。

地震あんしんばんはこちらから